上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は天保山に行ってきました
別に情緒的な理由があったわけではありません
美味しいラーメンを食べに行ったのです


天保山マーケットプレイス2Fにある名物カレーの『自由軒』
オムライスの『北極星』など、大阪を代表する名店が集結する
フードテーマパーク『なにわ食いしんぼ横丁』の中には
関西だけでなく全国区の有名ラーメン店があるのですexclamation ×2

麺哲 天保山「塩(¥700)」をいただく

豊中に本店を構えるこの店の特徴は店主の麺への尋常ではない情熱であろう
数多くのラーメン店のプロデュースもしており
関西ラーメン界のカリスマ麺職人と呼ばれる名物店主は
TV番組で「スープだけにこだわるなら麺を入れるべきではない」と発言するほどで
小麦や製麺へのこだわりと絶えず新しい展開をしていく姿勢は注目されている

【麺について】
今まで僕の食べたラーメンの中では?1であるのは間違いない
一口目からこだわり抜いた小麦の香りと旨味が口の中に広がってくる
葱と一緒に口に運んでもまったく負けていない
なめらかな表面と心地よい弾力のバランスがよく食感も抜群
噛むほどに技術の高さを感じさせる素晴らしい麺だと思ううまい!

【スープについて】
かなりの薄味。一口目のインパクトはあまり無いかもしれない
隣のカップルも塩を食べて「味が無い」を連呼していたあせあせ
しかし、ここのスープは決して麺の引き立て役ではないぴかぴか(新しい)
レンゲの上で麺と一緒に口に運ぶとまた違った印象があるし
食べ進めていくと具材の旨味が馴染んでくるのか、スープの旨味がどんどん深くなっていく
強烈なインパクトこそ無いが、滋味溢れる優しいスープだと思うるんるん


【ラーメンにメンマっている?派】
ところで・・・僕はラーメンのメンマ(シナチク)がどうも苦手なのだ
あの独特の食感が調和を崩していると思うのは僕だけなのだろうか
色彩も地味。スープに馴染む味だとも思わない。全体の中での温度差も気になる。
メンマの香りがキツ過ぎると全体の香りのバランスも台無し
別にメンマそのものは嫌いじゃないが、ラーメンにメンマという必要性を感じないんだよねボケーっとした顔
いわば酢豚におけるパインもしくはサクランボみたいなものか
あれも・・・・・・いや、またもや話が長くなりそうなのでこの辺で止めとこう


個人的には『麺哲』のラーメンは「麺を食べさせるラーメン」だと思う
麺そのものに対する評価はグルメブロガーの中でも概ね高評価だが
スープに関しては賛否両論なのが理解できる個性的な味なのかも・・・
しかし、全体としては完成度は非常に高いのではないだろうか

豊中の本店にも行ってみたいが、さすがに遠いからなぁあせあせ(飛び散る汗)
でも、少なくても自転車30分駆けて天保山に来る価値のあるラーメンだと思う
夜の天保山は初めて行ったのですが夜海遊館のライトアップはなかなか綺麗でした

スポンサーサイト
    
今日ですよね~雨も晴れて
久しぶりに今宵は月夜を見上げながら
おはぎ・・・やっぱり月より団子かな?あせあせ

というわけでお彼岸ですし


千日前の老舗おはぎ屋さん玉製家でお持ち帰りです
この店はとてもこじんまりしていてお持ち帰り専用
行列している時も多いですが、昔ながらの情緒ある接客で
店内は時間がゆっくり流れているような感じもします

おはぎしか置いていませんが、種類が豊富なわけでもなく
定番の「つぶあん」「こしあん」「きなこ」のみ
今回は「つぶあん」3つ「きなこ」3つの6個入り(\819)を購入

まずは「つぶあん」評判に違わぬ美味
上品だけどしっかりした甘さの中に
つぶあんの粒がしっかり主張している

僕はつぶあん好きなのですが、柔らかめのつぶあんが好きな人は
もしかしたら、こしあんを試してみるといいかもしれないですね。

次は噂の「きなこ」まずビジュアルがすごい
きなこの砂漠にもち米が埋まっているかのよう
ここのきなこはあんこが中に入っていない
もち米ときなこだけのシンプルなもの
しかし、その味はまさに絶品!!
砂糖ときなこのバランスと食感・ほんのり感じる塩味
多くのグルメブロガーが生涯おはぎランキングで
?1に選ぶのも当然の素晴らしい味でした

惜しむらくは価格の割にボリュームがイマイチってこと涙
見た目に比べて食味こそ軽いのだが、しっかりしているので
普通の人はそれなりにお腹一杯になるだろうが
しかし僕はもっとガツガツ食べたいあせあせ

とはいえ来年のお彼岸もまた食べたいものですうまい!
あ、もちろん月を愛でながら(月はついでかぃあせあせ(飛び散る汗))
昨日は湊町リバープレイス&なんばHatchに行ってきました晴れ

その目的は・・・ハダギネ屋台村!!
なんばHatchで行われたハダギネという音楽イベントに合わせて
大阪の人気店が屋台を出しているというのですうまい!
ちなみに今年は・・・

本格さぬきうどん情熱うどん讃州
心斎橋の居酒屋kitchen nico
心斎橋の自然派ワインショップPASSION ET NATURE


3店舗共に予約必須もしくは行列を覚悟する必要のある
かなりの人気実力店なのですウインク

特に『情熱うどん讃州』は新進気鋭の豊崎麺ず倶楽部の一角で
僕がお気に入りの『釜たけうどん』の店主を師事していたこともあり
秘かに気になっていたけど、場所柄行く機会が無かった店
(と言いつつ『たけうちうどん』に行ったことがあるのは秘密だw)
これは見逃せないexclamation ×2

昼は限定メニューの「カレーうどん」+「ソーセージ」
さらに夜は「かしわ天ぶっかけ」(どんだけ食うねんw)

うどんはどちらもかなり美味しかったですぴかぴか(新しい)
特に「カレーうどん」は限定にするのは勿体無いぐらい
さらに『PASSION ET NATURE』のソーセージexclamation ×2
まるで小籠包のように旨味たっぷりのスープがあふれる美味でした。

さて、『情熱うどん讃州』のうどんですが
個人的には『釜たけうどん』とはまた違った方向を
目指しているうどんだと感じました。それがまた素晴らしい。
天王寺『志のん』に近いかな~讃岐人が食べても高評価されそう。
今度は是非、中津の店舗に行ってみたいですねるんるん

正直、今日は独りで何もすることがなかったので
今日の晩ご飯は大阪の道頓堀に初進出した
博多ラーメンの超有名店一蘭

一時期はなんと会員制exclamation & questionのラーメン屋だったというこの店は
ラーメンだけでなく面白い仕組みが数多くある店としても有名
1目の前と隣席を仕切ってしまう「味集中カウンター」
2細かく好みを選べる「オーダーシステム」
3無言で追加オーダーできる「替玉システム

全国展開している博多ラーメンでは一風堂と双璧といえる
大阪には初上陸であるが、いきなり激戦区とはかなりの自信だ

さて、店のある道頓堀とんぼりウォークに到着したのが18時30分
覚悟はしていたが、かなりの行列・・・90分待ち
まったく大阪人は行列しないなんて言ってたのは誰だよげっそり
思わず他の店に浮気しかけたが、特別お腹も空いてないし
たまにはそういう遊びも面白かろうと考えて並んでみるウッシッシ

この店は前述のオーダーシステムで細かく好みの味を指定できる
それでも最初は初オーダーぐらいは基本にしようかと思っていたのだが
さすがに90分も並んでいると少しはお腹が空いて
結局、自分の好みでオーダーしてしまった
味の濃さ「こい味」
こってり度「こってり」
にんにく「一片分」
ねぎ「青ねぎ」
チャーシュー「あり」
秘伝のたれ「基本」
麺のかたさ「かため」

<追加オーダー>
替玉(麺のかたさ「基本」)
半熟ゆで卵


まずは書いてあるおすすめの食べ方通りに
たれを混ぜずにスープから・・・しっかり熱い
こってり度は最大の「超こってり」でも良かったぐらいだ

そして下処理もしっかりしているのだろう
いやな臭みもほとんどしない
期待通りのスタンダードな美味しい博多ラーメンのスープだ

これは基本なのだが、とても大切だと僕は思う
とかく個性が持て囃される風潮がある昨今だが
この店には博多ラーメンを期待してきているわけで
中途半端な健康志向だの流行だのすべての店にはいらない
(それを望むなら、そういう店に行くのだから)


そして自家製生麺だという細麺を一口
・・・うん?なんだこれふらふら
スープでは感じなかった臭みを一瞬感じる
でも、二口目からは美味しく食べれることができた

今から思うに味覚が気にならなくなったわけではなく
おそらく麺の茹で方が原因だったのではないかと思う
麺のかたさを指定できるのは博多ラーメンの特徴のひとつだが
やはり麺によって最適な茹で加減というのはあるわけで
加えてあれだけの行列を捌くのだから
麺の茹で汁の質が悪くなるのも早いのではないか

基本的には非常に完成度が高いラーメンだったうまい!
でも、なんとなく舌にもう一味足りない感じが残った
ちょっと具材が寂しいということもあるかもしれないが
次回は是非「超こってり」で食べてみたい
自分好みの一蘭の味を探してみたいと思わせてくれる味だったウインク

<以下、個人的な好み>
麺のかたさが「かため」だと少し生粉っぽさが残る印象があるので
麺のかたさは「基本」にしてスープにしっかり絡ませて
落ち着かせてから食べることをおすすめしたい

ゆで卵をラーメンに投入してもまろやかになって美味しい
ゆで卵+タレ2倍以上で調整して好みを探すのも楽しそう
ただ味付け玉子ではなく、あくまで普通のゆで卵なので
味がぼやけると考える人にはおすすめしない
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。