上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仕事の休憩時間に久しぶりの外食

地下鉄あびこ駅から徒歩5分『ご馳走亭すてきや』

11月にオープンしたばかり松阪牛専門店で
もちろん扱っている松阪牛は個体識別番号付の本物
夜は創作おでんもあり、近隣住民の注目を集めているようです

特に土曜日もやっている嬉しいランチはコストパフォーマンスが高く
牛丼(680円)・日替わり定食(580円)というお手頃価格で
松坂牛の味を気軽に楽しめる期待の新店

初オーダーは日替わり定食(580円)煮込みハンバーグ

小さめのハンバーグにスパゲッティ&キャベツ&漬物がワンプレート
これに味噌汁・白ご飯(大盛・お替りは+20円・・・ぐらい?)
これで580円なのだから素晴らしいexclamation ×2

ランチのハンバーグでこそ豚との合挽きだが
牛肉は松阪牛をしっかり使用しているという贅沢さ
(ちなみに夜のハンバーグは松阪牛100%です)

煮込みハンバーグなので肉汁は溢れることはないが
ふわっとほどけるような柔らかさな食感の後
じわっと松阪牛の濃厚な旨味が口の中に広がってくる

ハンバーグの大きさには物足りなさを感じたものの
(いや~値段相応だと思うが、僕が大食いなもので冷や汗
それ以外は非常に満足度の高いハンバーグであり
ハンバーグステーキへの期待が高まる逸品であった

牛丼もちょっと味見させてもらったが、これもまた素晴らしいうまい!
まず牛肉の臭みは全く無く、上品な出汁が香りを感じる
食すると分かるのは霜降り牛肉特有のくどさに負けない出汁の旨さ
これは絶対に汁ダクでのオーダーをオススメしたい
松阪でもこれだけ完成度の高い牛丼を680円では難しいのではないか



雨の日の遅めのランチだったせいか、他にお客さんもいなかったので
珍しくご主人&女将さんとお話をさせていただいた

料理を担当されているのは女将さんなのだが
驚いたことに料理人としての修行をされているわけではないらしい
だからこそ、仕事が丁寧になり美味しい料理が作れるのだろうか
実際に会話をしながらも、出汁の味や風味をずっと確認されていた

さらに女将さんは昔、全国の美味いものを食べ歩いた経験があり
その縁で松阪牛を仕入れることができるのだそう
(大手焼肉チェーンや高級店、直営店でなくては安定仕入れは難しい)

それで原価をいくらかは抑えれてるのかもしれないが
聞けばランチはほとんど儲け度外視らしい(そりゃそうだ)
とはいえ夜もかなり安い・・・どこで儲けているのか不思議だあせあせ(飛び散る汗)

「美味しかったと、また来て下さるのが何より嬉しい」

それができる理由は、ご主人&女将さんの姿勢にあると思う
そして、それを現実に価格と味で示していること
松坂牛だけでなく「おもてなしの心」も本物ということか

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://noimagebeautiful.blog49.fc2.com/tb.php/1-b84c2814
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。