上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年、大阪の麺好きに注目された街・・・それは北区豊崎
『本格手打たけうちうどん店』
情熱うどん讃州
『らーめん弥七』
『麺や輝』

いずれも人気自家製麺の4店舗が集まり
2007年夏、新しい試みを始めました
それが『豊崎麺ず倶楽部』なのだぴかぴか(新しい)

今回の思い出ごはんは『豊崎麺ず倶楽部』が共同企画した
夏季限定メニューを食べた記憶を書くことにします
(そういうわけなので記憶があやふやなのはご容赦を)

以前から『豊崎麺ず倶楽部』の情報は知っていたが
基本的にミナミが活動拠点な僕にとって豊崎は生活圏外だったし
麺切れでフラれたら悲しすぎるんでわざわざ行くこともなかった

しかし、夏の終わりも近づいた頃、梅田で用事があり
その帰り道、好奇心で裏道を適当に駆けていたら
道に迷った結果、なんと豊崎に来てしまっていたげっそり
というより『本格手打たけうちうどん店』を見て
自分が豊崎にいることに気が付いたのだがあせあせ

まぁ、そんなわけで特にお腹が空いていたわけでもなかったのだが
これも何かの縁かと思って入店。メニューを片手にしばし考える
ここはスタンダードに「生醤油うどん」か評判の「とり天ぶっかけ」
それが通のオーダーなのだろう・・・が、限定という言葉には弱い僕
初オーダーは夏季限定メニューの一日限定10食「さばぶっかけ」(¥780)
いわゆる人生面白いほうに3000点!さらに倍!!である by ハチミツとクローバー

さて、かなり気になるネーミングの「さばぶっかけ」
大葉と青ネギ・かいわれ・スダチの緑と香りがとても爽やかほっとした顔
いかにも涼しげで食欲をそそるうまい!出汁は少し濃い目かな

気になるサバの正体は天ぷらではなく、シーチキンみたいな肉塊を
ほぐして全体をよく混ぜて食べるスタイルで、ちょっと骨は気になるが
少し焼きをつけているせいなのか青魚の臭みはほとんど感じない
けど、青魚がダメな人はやっぱり無理かな~僕は美味しいけど

うどんは素晴らしく美味しかったですexclamation ×2
見た目からして瑞々しい艶のあるうどんはのどごしも心地良い
弾力が強いので伸びが良く、口の中で弾けるような歯応えが面白い
かなり自己主張の強い食感なので、好みが若干分かれるかもしれないが
例えばカレーうどんにしても負けない強さがあると思う指でOK

モチモチ感が特徴的な最近の『釜たけうどん』のうどんや(あくまで主観です)
讃岐うどんらしい『情熱うどん讃州』とはまた目指している方向が違うのが面白い
いろいろなお店に行って食べてみると結構こういう発見があったりする
「讃岐うどんはこうあるべきだ!」ってのも、それはそれで大切かもしれない
だが、面白ぇ!面白ぇってのは大事な事だぜ!!です
そして美味しいってことはもっと大切ウインク

ごちそうさまでした~また来ます
次回は生醤油でうどんの香りも味わってみたいですね
でも、まずは『豊崎麺ず倶楽部』を全店舗制覇しないとねウッシッシ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://noimagebeautiful.blog49.fc2.com/tb.php/55-215b01b1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。