上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は天保山に行ってきました
別に情緒的な理由があったわけではありません
美味しいラーメンを食べに行ったのです


天保山マーケットプレイス2Fにある名物カレーの『自由軒』
オムライスの『北極星』など、大阪を代表する名店が集結する
フードテーマパーク『なにわ食いしんぼ横丁』の中には
関西だけでなく全国区の有名ラーメン店があるのですexclamation ×2

麺哲 天保山「塩(¥700)」をいただく

豊中に本店を構えるこの店の特徴は店主の麺への尋常ではない情熱であろう
数多くのラーメン店のプロデュースもしており
関西ラーメン界のカリスマ麺職人と呼ばれる名物店主は
TV番組で「スープだけにこだわるなら麺を入れるべきではない」と発言するほどで
小麦や製麺へのこだわりと絶えず新しい展開をしていく姿勢は注目されている

【麺について】
今まで僕の食べたラーメンの中では?1であるのは間違いない
一口目からこだわり抜いた小麦の香りと旨味が口の中に広がってくる
葱と一緒に口に運んでもまったく負けていない
なめらかな表面と心地よい弾力のバランスがよく食感も抜群
噛むほどに技術の高さを感じさせる素晴らしい麺だと思ううまい!

【スープについて】
かなりの薄味。一口目のインパクトはあまり無いかもしれない
隣のカップルも塩を食べて「味が無い」を連呼していたあせあせ
しかし、ここのスープは決して麺の引き立て役ではないぴかぴか(新しい)
レンゲの上で麺と一緒に口に運ぶとまた違った印象があるし
食べ進めていくと具材の旨味が馴染んでくるのか、スープの旨味がどんどん深くなっていく
強烈なインパクトこそ無いが、滋味溢れる優しいスープだと思うるんるん


【ラーメンにメンマっている?派】
ところで・・・僕はラーメンのメンマ(シナチク)がどうも苦手なのだ
あの独特の食感が調和を崩していると思うのは僕だけなのだろうか
色彩も地味。スープに馴染む味だとも思わない。全体の中での温度差も気になる。
メンマの香りがキツ過ぎると全体の香りのバランスも台無し
別にメンマそのものは嫌いじゃないが、ラーメンにメンマという必要性を感じないんだよねボケーっとした顔
いわば酢豚におけるパインもしくはサクランボみたいなものか
あれも・・・・・・いや、またもや話が長くなりそうなのでこの辺で止めとこう


個人的には『麺哲』のラーメンは「麺を食べさせるラーメン」だと思う
麺そのものに対する評価はグルメブロガーの中でも概ね高評価だが
スープに関しては賛否両論なのが理解できる個性的な味なのかも・・・
しかし、全体としては完成度は非常に高いのではないだろうか

豊中の本店にも行ってみたいが、さすがに遠いからなぁあせあせ(飛び散る汗)
でも、少なくても自転車30分駆けて天保山に来る価値のあるラーメンだと思う
夜の天保山は初めて行ったのですが夜海遊館のライトアップはなかなか綺麗でした

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://noimagebeautiful.blog49.fc2.com/tb.php/58-d664f43f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。