上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タバコの自販機の間、まるで隠し扉のような入口
カウンターのみ(2階があるという噂も・・・)
狭い厨房では黙々とフライパンを振るう職人
ここに旨い洋食を食べさせる店がある

難波・新歌舞伎座裏の老舗洋食屋『グリル清起』

本日のオーダーは名物のハンバーグをメインに
ハンバーグ(¥1000)+ライス(¥250)=「バーグライス」
さらにビール(¥600)。ちなみにライスはお代わり自由である

鉄板で供されるハンバーグはかなり大きく(おそらく大阪でも指折り)
さらにハンバーグの上には半熟の目玉焼き
付け合せは(極めて)薄味の焼きそば&野菜炒め
ボリューム満点である

これを和風ソース&芥子でいただく
ハンバーグは肉汁がジュワ~というタイプではないが
柔らかくて、しっかり赤肉の旨味が出ている
非常にご飯がすすむ味だった

ライスは普通に美味しい。洋食はおかずである。
故に洋食屋にとっては重要なことだ(と僕は思っている)

職人はやや愛想が無いかもしれないが
開店直後からすぐに満員になった
居酒屋グリルを名乗るだけあって一品も充実している
まさに洋食でビールには絶好の洋食屋である

一緒に行った上司も気に入ったようだ
また再訪したいと思う
ここはフライ系の味も確かだ
次回はビーフコロッケかな
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://noimagebeautiful.blog49.fc2.com/tb.php/65-bd76e4af
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。