上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は珍しく午前中でフリーになったので
普段は行けない美味しいランチを物色してみた
月・水・金のランチタイムのみの
営業の店を見つける
場所は天神橋2丁目・・・普段はとても行けない
ミナミから自転車で駆けるウマには少し遠いけど
なんとかなるだろうと30分後には店の前へ

曰くッ「関西?1」!!
曰くッ「もはや拷問」!!
曰くッ昼から酒をしこたま飲んで、長時間セックスしたような」!!

多くのグルメブログで賞賛と後悔、そして本気の警告と共に紹介されている
『辛口料理 ハチ』
正直、半分は怖い物見たさですあせあせ


薄暗いカウンターのみの静まり返った店内へ
黙って席に座ると魔女のようなおば様が
こちらから注文せずともマイペースでカレーを用意してくれる
メニューは「カレー」(\900)・「生卵」(\50)・「お持ち帰り用」(\700)のみ
つまり全員がカレーを食べているわけだ。
待っていると異様な雰囲気の正体に気がつく
満席だが誰一人として言葉を発するものはいない。
カウンターに安置されている「かけ放題のカレー」
お客さんの手を行き来する「人参ピクルス」「水」を眺めながら待つ。
待つこと10分。ついにカレーが目の前に・・・ぴかぴか(新しい)


ところで最初に断っておきたいのだが
僕は特別、辛いものが好きなわけではないあせあせ(飛び散る汗)
むしろ繊細な味を壊してしまうことが多いと思っている
だから普通はノーマルで食べるのだが辛くしてほしい時は
店員さんにオススメの辛さを教えてもらうことにしている。


さて、カレーであるウインク
大き目のお皿一面に盛られた白ご飯はかなりのボリューム。
そこによく煮込まれた肉が盛られ、カレーがかかっている。
白ご飯のボリュームに比べるとカレーはかなり少なめで
妙にアンバランスである。


そして噂の辛さ、もとい味であるあせあせ
とりあえず一口。
「?!!!!!!」
あの衝撃を表すとしてこの程度の表現で足りるだろうか


後味がどうのこうのではない
もはや辛いというより痛いのであるふらふら
まさに凶器ともいえる代物ッ!!
まるでナパーム弾を投下されたかのように
咽喉の粘膜が一撃で焼き尽くされてしまったげっそり
唐辛子を舌の上に山盛りにされたら
こんな感じだろうかと現実逃避したくなる涙

確かに大量の白ご飯で中和しながらでなければ
この超激辛カレーを食べ切ることは不可能だろう。
実際、初来店では残す人が多いとのこと。
なるほど店内が静まり返るわけだ
思わず無口になってしまうむふっ
なにより食べることに集中しなければ危険なレベル
僕も何度かスプーンが止まりかけたが
水で中和した時の後味の良さとよく煮込まれた肉の甘みで
何とか食べ切ることができた。

途中は苦しかったが、美味しくないわけではない。
特別美味しいとも思わなかったがウッシッシ
非常に中毒性が高いカレーだと言える。
辛さはさておき味としては好みが分かれそうなので
万人受けするとは言えないかもしれないが
辛さも含めて味はとても個性的だ。この店でしか食べられない。

さらに食後・・・意外と胃もたれしない。
何か強烈なインパクトをお腹の中に感じたが
舌に妙な記憶に残るそんなカレーだった。
気軽に万人にオススメできる店ではないが
熱狂的なファンの支持を得ているのが分かるような気がしたうまい!


でも、個人的にはしばらくは足は向かないかなあせあせ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://noimagebeautiful.blog49.fc2.com/tb.php/76-a0e3dbc7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。